2012年07月24日

えら削り

はいっ、今日もモニター写真出していきます。

今日はえら削りのモニター様です。

まずは術前正面。
えら6前1B_edited-2.jpg
続きまして術後正面。
えら6後1B.jpg

右側面の術前。
えら6前2B.jpg
同じく術後。
えら6後2B.jpg

最後に左側面術前。
えら6前3B.jpg
そして術後。
えら6後3B.jpg

えらの角がいい感じに取れました。

当院の輪郭形成術はどれもダウンタイムが非常に短いのが大きなメリットです。

基本的には1週間くらいの期間を見ていただければ目立った腫れは引きますので普段の生活に復帰可能です。

2012年07月05日

鼻プロテーゼ自作しています

こんにちは。浅古です。

なんだか暑いですね〜。

暑さのあまり夜など、寝苦しくて寝不足気味です。

さて、今日はお鼻を高くする時に使うシリコンプロテーゼについてお話します。

当院ではプロテーゼはすべて私が自作しております。

まずは患者様のお鼻のレントゲンに合わせて、シリコンブロックからシリコンを切り出します。
プロテ1.JPG

まだまだ大雑把な形です。
プロテ2.JPG

これをさらに削り込んで患者様のお鼻にぴったりなきれいな形に整えていきます。
プロテ3.JPG

美容外科クリニックの多くでは既製品のシリコンプロテーゼを少し削るだけで使用していますが、

既製品だとどうしてもぴったりとフィットさせることが難しいです。

オートクチュールプロテーゼは製作に手間がかかりますが、

なんといってもお鼻に入れたときの仕上がりの美しさが違います。

1

AUTHER

浅古 寛

恵比寿で美容外科クリニックを開業しております。
小さなクリニックですが、手術ものを中心に毎日こだわりの仕事をさせていただいております。
写真(右)は私の愛犬です。
詳細な経歴はこちら »