2009年11月30日

やきいも

画像 037.jpg
毎日寒い日が続いていますね。寒いときにはあったかい焼き芋がことさらおいしく感じられます。
そんなわけで今日は症例写真はちょっとお休みして焼き芋ネタです。
最近恵比寿にいらした方はご存知かもしれませんが、JR恵比寿駅西口改札内には「四谷十三里屋」という焼き芋屋さんの支店があります。ちょっと前まで焼き栗屋さんのあったところです。
いろいろな種類のさつま芋を素材とした大学芋と焼き芋を売っています。
焼き芋は安納黄金、あけぼの紫、紅こがねの3種類がありますが、おすすめは安納黄金です。
蜜がたっぷりでとても美味です。
今日もついつい買ってしまいました。
皆様も恵比寿にいらしたらぜひ一度食べてみてください。

2009年11月28日

非吸収性フィラー注入後の鼻先整形

はい、今日も症例写真をご紹介してまいります。
本日のモニター様は以前他院にて非吸収性のフィラー(ダーマライブ)を鼻先に注入したものの、鼻先はとがらず、その後当院にて鼻先整形の手術をお受けになった方です。
まずはお写真をご覧ください。
正面です。
【術前】
鼻先2前1B.jpg
【術後】
鼻先2後1B.jpg
斜めです。
【術前】
鼻先2前2B.jpg
【術後】
鼻先2後2B.jpg
下からです。
【術前】
鼻先2前3B.jpg
【術後】
鼻先2後3B.jpg
非吸収性のフィラーには今回のダーマライブのほかに、代表的なものにアクアミドがあります。当院では吸収されずに残ったフィラーをなるべく取り除きつつ、目的の手術操作を慎重に行うよう常に心がけております。
このブログの読者の方でお鼻に入れたフィラーで悩んでいる方がいらっしゃいましたら、是非一度ご相談ください。

2009年11月25日

ふたえ埋没法の腫れ

今日のブログはふたえまぶた術後の腫れについてです。ふたえまぶたにしてみたいけれども、学校や仕事の関係で術後どのくらい腫れるのかが気になる、という方は多いと思います。
実際のところ、まったく腫れずにはふたえはつくれません。極力腫れないように手術すると、元に戻りやすくなってしまったりします。また逆に、しっかりと長持ちするようなふたえをつくろうとすると、どうしても腫れが強くなってしまいます。そこで多くの美容外科医はなるべく腫れを少なく、そしてなるべく永久にふたえがつくように試行錯誤することになります。わたくしもいろいろと工夫をこらしてたどり着いた完成形の術式が現在当院で行っているスクエアー法であります。この方法は何と言ってもふたえが非常に外れにくく、とても丈夫です。もちろん術後は腫れますが、それでも腫れはできる限り抑えました。
手術直後のお写真です。
Dscf0119B.jpg
こういった腫れは3〜4日続き、1週間もするとかなり自然になります。
これからお手術を考えていらっしゃる方は参考にしてください。

1234

AUTHER

浅古 寛

恵比寿で美容外科クリニックを開業しております。
小さなクリニックですが、手術ものを中心に毎日こだわりの仕事をさせていただいております。
写真(右)は私の愛犬です。
詳細な経歴はこちら »